スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩透かし

ぁぁああああ(マイブーム継続中)

と言うわけで今月2度目の更新。
複数回の更新は5月ぶりです。

更新打率が低いブログです。サーセンw


【いつからこの集まりは変な映画を見る会になったのか?】

なぜか、先日より公開されている映画
ガッチャマン
を見てきました。

予告とかバンバン流れてて
地雷臭がプンプンする
と思っておりましたが。


<一応ネタバレを含む感想は格納いたします>


先日デビルマソDVDを見たメンバーで映画館まで足を運んできました。
先日の記事 ~未曾有の恐怖~

ネタバレなしの感想を述べるとすると、

一言で
つまらなかった
です。

デビルマソのように突き抜けたダメっぷりを発揮するわけでもなく、

良作ですかと聞かれると否定しますが、
駄作ですかと聞かれると肯定しづらいような。

少し突っ込むと、
世界の半分が占領されていると言うのに、
緊迫感が全く感じられない
ことが原因だと思います。

映画館を出た後に、合宿所主の家でアニメ版の第1話を見たのですが、
「原作を踏襲しているのは間違いない」ということはわかりました。

ただ、原作を超えようとしたり、原作を新しいスタイルにしたいと言うのに必要なことは、

原作を超えようとする気概ではなく、
原作をリスペクトすることだと思いました。


以下格納します。
ネタバレが含まれますのでご注意ください。



-----------------------------
これより先ネタバレゾーン
-----------------------------


【良かったところ】

まず、なぜガッチャマンを見に行ったかと言うと、
デビルマン(映画版)のような、
ネタになるダメっぷりを期待してました。
ブログのネタにもなるし。

が、蓋を開けてみると実に普通の(面白くない)映画でして。

良かったところをとしては、

1.演技は(一部を除けば)中々よかった。
2.脚本はヒーロー系の映画の起承転結を押さえていた(同行者曰く)
3.最初の数分に流れた「劇場版おはよう忍者隊ガッチャマン

となりますか?


【以下ダイジェストでお送りします】

世界がギャラクターと呼ばれる17日で世界の半分を占領した。
人類はわずかな土地を与えられ・・・
とかで始まるわけですが、

次のシーンは
15年後の平和な日本の日常を描いています。

まぁ、外国人とかたくさん映るわけですが、
本当に17日で世界の半分を占領されたのでしょうか?
不安な立ち上がり。


ギャラクターには人類が開発した戦争の兵器は役に立たなかった。
と15年前のシーンでおっしゃってますが、

15年後の日本でも同じ武器を使用して戦ってます。
さすがは愚かな人間共。学習能力はありません。


ギャラクターに対抗するには、何か青い石の能力を引き出す適合者(800万分の1)が、
戦わなければならない。

適合者を訓練し集めた5人は以下の通り

不感症のリーダー:大鷲の建
独断専行の戦闘狂:コンドルのジョー
ヒステリック色情魔:白鳥のジュン
情報専門の戦力外通告:燕の甚平
胡散臭い薩摩弁の脳筋:みみずくの竜

地球は大丈夫じゃなさそうだ。


色情魔がリーダーに言い寄ったり、
ハッカーと薩摩弁が軽口言い合ったり、
リーダーと独断専行が薄っぺらい伏線を張ったりしつつ、
物語は中盤へ。


なぜか、未来的なセキュリティを設置したパーティ会場へ行くことになるガッチャマン一行。
どうやらギャラクターのNo.2を保護する為らしい。
このNo.2はNo.1である相手のリーダー「ベルクカッツェ」との覇権争いに敗れ、
亡命に近い感じで東京にやってきたと言うことですが、
なぜパーティ会場に?

ゴウリキーさんのドレス姿を公開する為なのか?
それとも出番が少ないハッカーさんの為だったのか?


すったもんだの末、No.2を保護し情報を聞き出すことに成功する。
しかし、それはベルクカッツェの罠だった。

他の研究者は、人工衛星より発射できる大量虐殺装置を開発していた。
(ガッチャマンに任せるのは不安だったのだろうか?)

その人工衛星虐殺レーザーを奪い、人類を滅亡させるために、
No.2に化けて東京へ潜入したとのこと。

そして、まんまと罠にかかるガッチャマンとその偉い人たち。

さすがは通用しないとわかっているのに、
15年も同じ兵器で戦い続ける愚かな人間
と言うことでしょうか?わかりません。


物語はいよいよ終盤。


人工衛星搭載虐殺レーザーが発射段階に入り、
30分後に地球の主要都市が壊滅的なダメージを受けるらしい。

ガッチャマン出動!
と見せかけてここからが本番。


脳筋(竜)「ちょっと待て」

どうやら、ベルクカッツェが脱出の際に情報担当戦力外の甚平を助けず、
ベルクカッツェを追いかけたのが気に食わない様子。


そこから、メンバーたちの不満が続出。
主に脳筋と色情魔が愚痴りだします。


色情魔(ゴウリキー)「健。あなた普通じゃないわよ!」

いや。地球の半分が占領されているこの状況で、
何が普通なのかわかりませんが。


色情魔(ワンリキー)「適合者ってだけで拘束されて自由も与えられない。」
色情魔(ゴーリキー)「変な格好したり。」
色情魔(カイリキー)「今の私には戦う理由がなくなったのよ」
(↑のセリフ完全にうろ覚え)

と、現状に愚痴りだす隊員を見てて

「四の五の言わずさっさと出動しろ!このバカちんが!!」
と一般市民の私から見たら思うわけですが。


つか、
このシーン見てて思ったのは、

<prrrrr>
店長「あ。バイトさん?あと30分で開店なんだけど今どこ?」
バイト「あー。店長。私このバイトもう続けていくのが嫌なんで辞めたいんですけど~。」
店長「はっ? いきなり何言ってんの? 今日は厨房が僕で、フロアが君だけなんだから来てくれないと。」
バイト「でもでも~。バイトの時間が長いし~。自分の時間が作れないって言うか~。」
バイト「制服もダサいし~。何かやりがいが無いって言うか~。」

と言う、
駄々をこねるバイトのようだなと。


あとは、敵の本拠地に乗り込んで、
主に肉体言語によりベルクカッツェを倒すわけですが。


これまで命令を遂行する為に己の感情を捨てていたリーダーが、
「俺は1人の命と引き換えに、1000人の命を救うと言う考え方を否定する」
と我が侭を言って、全員で地球へ帰還します。

ラストの引きを考えたら、この行為は完全にアウトなんじゃね?

と言うか最後の引きは、
ホラー映画の定番っぽい残念な仕様。
あれ必要だったのかね?


【俺は1800円の金額と引き換えに、120分の時間を浪費すると言う考え方を否定する】


まぁ、2時間ありましたが、最初の20分でお腹いっぱいになりました。
料理で例えると、
食べられなくはないが、決して美味しくない味。

デビルマンを料理で例えると、
見た目はおぞましく、誰が食べても不味いと言うレベル。
なので、ネタには事欠かないんですが。
そういう意味では不合格です。
いや。そういう意味でなくても不合格ですが。

この映画をオススメする対象としては、
お金が有り余ってて仕方が無い、時間を持て余している道楽人だけです。

ネタに困る程度の能力。
それがガッチャマンクオリティ


映画館を出た後に合宿所主のおうちに行きまして、
口直し(目の保養?)に別の映画のDVDを見たのですが、
その話はまた次回と言うことで。

ではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koukou263

Author:koukou263
ニコニコに動画をうpしてた人
【ニコニコ動画】自作ニコ割
【ニコニコ動画】iM@Sうpリスト

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。